プレゼント画像

還暦祝いに行ったお祝い事

私の祖母は、私が生まれてからずっと長生きをしてきて、還暦の時期となったので、お祝い事をしようと母が言いだした事から、お祝い事をするという事柄が決まりました。
我が家の家庭での還暦祝いの予定は、まずは普段では食べられないような良い食事へ祖母を招待する事と、お祝い用のケーキを用意する事と、旅行をプレゼントする事でした。
なぜこんなにもプレゼントが多かったのかというと、祖母は足腰が弱く、旅行などに出かける事ができない状態で、病院にも頻繁に通う状態だったからです。
頻繁に病院に通わなければならないような状態になりながらも、還暦という年を迎える事ができた祖母に、より良いプレゼントと思い出をプレゼントしたいというのが、母の想いだったのだろうと思います。
祖父は早くして亡くなっていたので、母もそれを考えると、祖母1人で自分やその妹を育ててくれた恩返しをしたいのだろうと感じました。
旅行へ1人で行けるような状況ではなかったので、祖母と母と叔母の3人で旅行へ行けるよう、旅行券は私が手配し、出かける事ができるように準備を行い、ケーキは母がセレクトし、食事処についても母が祖母の喜ぶところを選び、叔母が花束を用意するという順序で還暦祝いが行われました。
還暦祝いを行った時、祖母にはサプライズでという約束だったので、当日になるまでは何も言わず、お店に連れて行き、私と従兄弟と妹を連れ、家族全員でのお祝いの席を作り、旅行のプレゼントがある事を伝えると、祖母はとても嬉しそうににこやかに笑い、嬉しいね、嬉しいね、と何度も言葉にしてくれました。
それを見て私は、とても心地の良い気持ちになり、これまでプレゼントで用意をして着て良かったと思えました。
実際に旅費などは私と妹、そして従兄弟が負担する事になっていたので、旅費の負担は別々で少額ずつ出し合って、旅行へ行く事ができるようにセッティングを行っていたので、春の暖かい時期に、思い切り楽しんできてもらう予定で、車で出かけるようなので、叔母が運転を行い、観光に行くと聞いています。
かなり良い旅館等を母と一緒に選んだので、帰宅してからどのようなお土産話を聞かせてもらう事ができるのかという事が楽しみです。
これから先ももっともっと長生きして、家庭を祖母には見守ってほしいと思っているので、その意味も込めてプレゼントを贈る事ができたのが喜ばしく、今後もまたお祝い行事があれば何かしてあげたいと思っています。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.