プレゼント画像

友達から出産祝いでもらったプレゼント

私は昨年の夏に出産をしました。
結婚してから5年目に産まれた待望の男の子です。
私たち夫婦は決して子どもを持つことに消極的というわけではなかったのですが、なかなか子宝に恵まれずにいました。
私たちと同時期に結婚した仲の良い友達がいます。
その子にも同様に子どもがいませんでした。
一昨年、私たち夫婦はまだ不妊治療に通ってはいませんでした。
後1年程頑張ってみて駄目だったら通い出そうと話していました。
しかし、友人夫婦は少し前から不妊治療に通い始めたと聞いていました。
お互い電話をしては、子どもが欲しいねといったことや色々な愚痴など他の友人には言いづらいことも話していました。
また、子どもが出来たら一緒にたくさん遊んで子ども同士も友達になれればいいねといった夢の話もよくしていました。
そして一昨年の秋、私は妊娠が判明しました。
友人に話すことはためらいました。
どのように言えばいいのか分からなかったのです。
しかし、黙っていては余計悪いと思ったので、正直に淡々と子どもを授かったことを報告しました。
すると、友人はとても喜んでくれました。
自分のことのように嬉しいと言ってくれました。
きっと心の中では色々な思いがあったと思います。
しかし、それを全く表に出さず嬉しいと言ってくれた友人は本当に素晴らしい人だと思います。
そしていざ出産し、慣れない育児にてんてこ舞いになっている私に友人から出産祝いのプレゼントが届きました。
それは手作りのスタイでした。
リバーシブルになっていて一面には男の子らしい乗り物の模様、もう一面には赤ちゃんらしい優しい色のチェックの模様があるかわいいスタイです。
赤ちゃんの肌のことを考えてオーガニックコットンの生地で出来ていました。
私の息子のために心を込めて作ってくれたことが分かりました。
そしてメッセージには、母親業は大変だけど身体を大事にしてね、あなたなら良い母親になれるよと書かれていました。
色々な出産祝いをもらいましたが、この友人からのプレゼントが一番嬉しいものとなりました。
ずっと泣いている息子を抱っこして、疲れと寝不足から笑顔を忘れかけていた私に活力を与えてくれました。
今でも疲れているときはたまに思い出しています。
そして、そんな友人ももうすぐ母親になります。
私が出産した少し後に妊娠が判明したそうです。
とても優しくて強い友人はきっと良い母になることでしょう。
そして、以前二人で話した夢のように、私たちの子ども同士が友達になって一緒に遊ぶ姿を見るのもそう遠い未来ではないはずです。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.