プレゼント画像

部活でお世話になった先輩にプレゼント

部活動でお世話になった先輩が部活動を引退したとき、私はプレゼントを渡しました。
これまでお世話になったというお礼の気持ちもすごくこもっているのですが、部活動では助けてもらうことがほとんどだったのです。
私が個人的にあげたいと思ったから渡したのでした。
部活全体でもプレゼントは渡しましたが、私はそれとは別にお礼の気持ちを伝えたかったこともあったので直接、プレゼントを渡しました。
1年生で部活に入ったとき、先輩は2年生でいました。
私は人見知りだったし、おとなしいタイプでした。
口数も少なかったし、自分から話しかけることができなかったりして、クラスでも入学したばかりの頃は友達もいなかったのです。
部活に入ったときも自分のそんな内気な性格を変えたかったことが大きかったのですが、やはり、部活で人間関係などを上手く築いていけるかどうか不安でいっぱいでした。
私に優しく声をかけてくれたのが先輩だったのですが、人間関係のことでも相談に乗ってくれることもあったので、ありがたかったです。
ただ優しくするだけではなくて、時には私のために厳しいことを言ってくれることもあったのですが、おかげで部活ではレギュラーになることができたのです。
今はではとても感謝していたりもします。
部活に入部したきっかけは友人に誘われたことだったのですが、いつの間にか、部活でもやる気を出して活動をすることができていました。
なんとなく、部活動をしていたのがそのうち目標もできました。
そして、私も2年生になると部活では副部長をやらせてもらえることになったのです。
先輩は部長だったのですが、人数が少ないながらも、部活動は充実させることができていました。
部活も楽しくなってきたので、学校生活も同時に楽しくなってきたのですが、文化祭も模擬店を盛り上げたりしていました。
友達も部活でもできたのですが、同じクラスでも仲良しの友達ができました。
性格も明るくなっていたし、以前よりも人と話をすることが苦痛でもなくなってきていたのです。
友達にも昔と変わったと言われました。
2年生の中盤になってくると3年生は進路のこともあるため、夏の大会を最後に引退してしまいました。
次の部長は私がやって欲しいと指名されたときは意外だったのですが、副部長もやっていたのでできると言われました。
先輩からのご指名でもあったし、部活の伝統も受け継いでいきたかったので部長を引き受けることになりました。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.