プレゼント画像

義父へのプレゼントに困った時

今まで結婚してから、義父にも義母にも、父の日や母の日、それぞれの誕生日、敬老の日などにプレゼントをしてきました。
義母は花が好きな人なので、主に花を選んで時には雑貨などもプレゼントしていたのですが、義父関連の贈り物にいつも悩んでいました。
異性なので好みがわかりにくく、財布やバッグなどの小物から、普段着やパジャマなどいろいろと考えて贈ってきたのですが、何年も経つとネタが尽きてしまいました。
また、一つの物を大事にするタイプなので、今使っているものが壊れるまでは新しいものは箱から出さずにしまっておくので、小物をプレゼントするのも迷ってしまいました。
お酒は、以前に体を壊してしまっているために飲むことができず、タバコもやめてしまったので、それらの贈り物はできませんでした。
食べ物でもいいのですが、あまり食にこだわるタイプではありませんでした。
そんな時、初めての子供を妊娠したことがわかりました。
夫は兄弟の中で一番上だったので、他の兄弟はまだ未婚だったり、子供がいませんでした。
そのため、義両親にとっても初めての孫ということになり、それはとても喜んでいました。
妊娠中の経過も良好で、無事に子供を出産することができました。
義父はカメラを持って写真を撮るのがとても好きだったので、生まれた子供の写真も良く撮り、自分で家の中に飾っておきました。
よく撮れた写真は、私たちのところにもよく持ってきてくれました。
そんな時に、父の日が近づいてきたのでいろいろとプレゼントを考えた結果、子供の足型と写真立てがセットになったものを贈ることにしました。
これならば、孫が生まれたことをとても喜んでくれていて、さらに写真が好きな義父にとても喜んでもらうことができるのではないかと思いました。
子供の足型は、紙粘土タイプで取ったので、立体的で大きさがよく伝わるようになっていました。
足型用のキットを赤ちゃん用品店で購入して、子供が寝ている時に夫と一緒に足型を取りました。
そして、それをプレゼント用の包装紙に包んで、父の日に持っていきました。
義父はそれをみた瞬間、とても喜んでくれたのが、笑顔を見ていたらとても伝わってきました。
そして、さっそく子供の写真を撮って、その場でプリントして、写真たてにセットしていました。
それからは、義両親宅へお邪魔するたびに、新しい子供の写真が飾られていて、とても記念に残る贈り物ができたと思い、嬉しく思っています。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.