プレゼント画像

サークルメンバーのサプライズプレゼントに感動

サークルのメンバーとは、毎年必ず何処かに旅行に行くという決まりがあります。
5年前は丁度3月の連休にみんなで休みを合わせて1泊2日の旅行に行きました。
3月の連休は、私の誕生日だという事もあって、実は何かしら用意してくれているのかなという期待はあったのですが、サークルのメンバーも私が自分の誕生日である事に気付いてない訳がないと思っていたらしく、なんと想像を超えるプレゼントとサプライズを用意してくれていたのです。
男性メンバーが車を用意してくれていたので、今回の旅行は色々な観光地巡りをする事が出来ました。
道の駅でお土産を購入したり、アイスを食べたりと、特別何処か博物館に行ったりという事はしませんでしたが、それでもとても楽しくて、時間が過ぎるのもあっという間。
気が付くと、予約しているホテルのチェックインの時間が迫ってきています。
今回の旅行は、何時も幹事を私が行っているのですが、サークルのメンバーが俺たちが予約するから、今回は何もしなくて大丈夫だよって言ってくれていました。
ですので、下準備も何もしない旅行は今回が初めてだったのです。
そして、予約したホテルに到着すると、とても綺麗でビックリしました。
まるでマンションの一室のような、ホテルだけれどホテルらしくない、学生が泊まるにはもってこいのホテルで、予約してくれた人が、「一度こういうホテルに泊まってみたかったんだよね」って言ってたのを思い出します。
そして、チェックインの手続きをした後、予約した部屋の入口の前まで来た時に、鍵を持っていた友達が不意に私に鍵を渡しながらこう言ったのです。
「今回、幹事じゃなかったから、どういう部屋になっているのかとか解らないでしょ。だから一番最初に開けて、中を確かめてみてよ」この時、私は普通にそうだ、確かに事前に確認なんてしていないから、どういった間取りかどうかなんて解らないや。
と思い、普通に鍵を受け取って、中に入っていきました。
高級マンションのような間取りのその部屋は、何処をみてもとても綺麗で感動しました。
そして、リビングに行って明かりをつけるとテーブルの上に、大きなバースデーケーキとプレゼントが用意されていて、私は驚きのあまり固まってしまったのです。
ケーキには、私の名前がしっかりと入っていて、この日の為にホテルの従業員さんとしっかり打ち合わせしていたのだとか。
確かに、誕生日だから何かしてくれるだろうなとは思っていましたが、まさかホテルの従業員さんまで巻き込んで祝ってくれるなんて思ってもいなかった私は、見事サークルのメンバーのサプライズに感動してしまいました。
メンバーのあたたかい友情には、何時も感謝しています。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.