プレゼント画像

好きな人と友人達からのサプライズプレゼント

それは私たち夫婦の海外挙式から帰国後の披露宴での出来事でした。
専門時代の友人にスピーチ、余興を頼んでいました。
内容はダンスとだけおしえてもらっており当日どんなものか楽しみにしていました。
感動のスピーチの後、音楽が鳴り始め踊っていると途中から参列者の友人や旦那も一緒に踊りはじめました。
友人の中には旦那の会社の上司、社長まで居ました。
お手伝いをしてくれていたスタッフさんに「新婦さんも踊りますか」と声をかけられ私もその場で立ち見よう見まねで踊りました。
途中から私のためにこんなにも多くの人が協力してくれた事やこのサプライズを考えてくれた友人への感謝の気持ちがつのり泣いてしまいました。
後から聞くと控え室で声をかけ、練習をし私たちが入場する前に一度全員でリハーサルをしていたとの事でした。
次のサプライズは旦那に向けて私と旦那の友人から。
旦那側の余興で小さい頃の写真を使いたいとの事でした。
私の実家はすぐ近所なので写真を用意できたのですが、旦那は地方から出てきており、「送ってもらうのもめんどくさいから俺の写真はいいや」と言っていました。
そこで私はお義母さんにこっそりと連絡をとり、旦那には内緒で写真を友人の家に直接送ってもらいました。
そして当日友人が描いてくれた絵と写真をスクリーンに流しながら弾き語りをしてくれました。
旦那は「何で俺の小さい頃の写真があるねん」とビックリしていました。
私もそのサプライズに関わっていたことを知り彼は私の横で嬉しそうに笑っていました。
最後のサプライズは彼と私の友人からのムービーでした。
地元の友人や元職場の同期や後輩。
今の仕事場の先輩ややめてしまった人など多くの人がそのムービーに参加してくれ、私の母や東京に住んでいる弟からのコメントもありました。
そして最後にはなぜか私の服を着ている彼...(笑)「いつも恥ずかしくてちゃんと言えないけど、いつもありがとう。愛してる。」と言ってくれました。
結婚式も忘れられない日になりましたが、この日も同じくらい忘れられない日になりました。
彼はサプライズが苦手なのに、いつの間にか私の友人と連絡をとり、ムービーの撮影をしていていたり、色々な事をしてくれ、ありがとうという気持ちになりました。
そしてそれ以上に協力してくれた友人達に本当に感謝でいっぱいになりました。
この感謝の気持ちを忘れず私も喜んでもらえるようなプレゼントをたくさんしていきたいです。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.