プレゼント画像

豪華商品プレゼントの意外な結末

私は過去に宝クジや懸賞、読者プレゼントなんてものに当たった事がありません。
そういった物は結構好きで、応募したりもするのですけど運が無いのでしょうかね。
しかしそんな私が、とうとう当たったのです。
とは言っても懸賞でも宝クジでもないのですが。
いつものように近所のスーパーに買い物に行った時のことです。
これまたいつものようにレジに並び、お会計を済ませて帰ろうか・・・と思ったところ、突然鳴り響く鐘の音。
「おめでとうございます。来店10万人目のお客様です」そんな言葉とともに、ワーッと従業員の人達に囲まれ、あれよあれよと言う間に表彰台のようなとこに乗せられてしまいました。
もう何がなんだか分かりません。
しかしそんな私のことはお構いなく、どんどんと儀式は進んでいき豪華商品の授与となってしまいました。
近くにいたお客様達からも盛大な拍手をもらい、店長らしき人がプレゼントのような物を持って現れた辺りでやっと我に返ったような感じです。
そして現金なもので、我に返ったと同時に気になるのはやはり豪華プレゼントの中身です。
その前に何か説明があったのかもしれませんが、呆然としてて何も話は耳に入っていませんでしたので、とにかく期待は膨らむばかりです。
豪華と言うくらいだから、ウン万円分の商品券だろうか、それとも豪華客船のクルージングでも行けるのだろうか。
そんな妄想とも言える期待でいっぱいの私に、満面の笑みで差し出してくれた豪華プレゼント。
「大根三ヶ月分」でした。
確かに豪華といえば豪華です。
今は野菜も高いですし、これを買ったらものすごい金額になることでしょう。
でも生ものです。
日持ちがしないんです。
更にはどんなに必死に食べても、食べきれる量じゃないんです。
期待が大きかった分、落胆も大きくなってしまいました・・・。
けど、今までこういった事に当たったことのない私が当たった事に意義があると思い直し、有り難く頂くことにしたのです。
そして食べきれないので、その場にいた人達にお裾分けをして。
食べきれる分だけを持って帰ろうとしたところ、またもや鳴り響く鐘の音。
「おめでとうございます。こちらが本当の豪華商品です。」そう言われて差し出された物は、なんと10万円分の商品券でした。
なんでも、大根を独り占めした人にはそのまま大根を・・・他の人に分け与える優しさを持ってた人には商品券を・・・という事だったらしいのです。
ただ食べきれないからとの理由で分けたのに、なんだか少し申し訳ないような気持ちになってしまいました。
けど、「幸せや優しさを周りに分けられる人にあげたい」という店長の考えには、思わず感心してしまいました。
こんな店長のいるお店なら、今後も安心して買い物が出来るような気がします。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.