プレゼント画像

彼から初めてもらったプレゼントはおそろいのもの

彼と出会った時のわたしは40代後半で彼は30代後半だった。
そう、彼はわたしよりも10歳も年下だった。
だから、彼と恋をするなんて想像さえしていなかったのに、まさかの彼からの告白で恋が始まった。
もちろんお互いにこんな歳なので初めての恋でもない。
わたしは今までに付き合った人とおそろいのものを持ったことはない。
けれど彼がわたしとおそろいのものを欲しがったのだ。
その当時はお互いにガラケーだったのでストラップを買うことにした。
デートの時に何軒ものお店を回って探した。
わたしはかなり面倒くさがり屋なので適当なものでいいと思っていたのに彼は初めてのペアのものだからこそ気に入ったものを選ぶと言って、なかなか決まらなかった。
それでもどうにか気に入ったのがあって5~5軒回ったところでようやく購入にたどり着いた。
それは羊がついたものだった。
わたしは不器用と言うこともあり彼がわたしの携帯にもつけてくれた。
それが彼からの初めてのプレゼントだ。
携帯を見るたびにそのストラップが目に入るので、彼のことを思い出す。
このことを彼は言ってるんだなと思った。
いつも彼と一緒にいる、そんな気がしたのだから。
ところがあろうことか、買って1週間もしないうちにわたしはストラップを切ってしまった。
もちろんわざとじゃない。
どこかに引っかかってしまったのだ。
それはもうショックでその日はずっと落ち込んでいた。
さらに彼になんと言おうか、彼に怒られるのではないかと心配で仕方なかった。
でも、黙っているわけにもいかないのでその夜に彼に電話をして話した。
すると、彼が「わざとじゃないんでしょ。
そんなことは気にしないの、また買いに行こうね」と言ってくれてその言葉に涙がボロボロ流れてきた。
わたしの泣き声を聞いた彼が「泣かないの、正直に話してくれたことが嬉しいよ」と言ってくれてまたその優しさに涙があふれてしまった。
こんなにも優しい人と恋しているわたしはなんて幸せなんだろうと思ったものだ。
今も彼のその優しさは変わっていない。
そして次のデートでまたも何軒もお店を回って購入した。
今度はお互いの星座のストラップを買い、彼がわたしの星座を、わたしが彼の星座をつけた。
彼は前に買ったストラップは壊れていないのに新しいのをつけてくれた。
「そうじゃないとペアにならないでしょ」と言ってくれてつけてくれたのだ。
今はそれぞれがスマホになったのでストラップはつけていないが、あの時のことをふと思い出しては胸がきゅんとなってしまう。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.