プレゼント画像

プロポーズされた時にもらったプレゼント

私には旦那様と3歳になる娘が一人います。
自分で産んでみるまでわからなかったのですが、自分の子供というのは本当に可愛いもので、目に入れても痛くないというのはこういうことを言うのかとしみじみ実感しています。
娘が少し大きくなって子育てが楽になってきたので、そろそろ2人目の子供が欲しいなと最近思うようになりました。
実は私と旦那様はできちゃった結婚でした。
それも2人ともまだ大学在学中に子供ができてしまったので結構大変だったのですが、今となっては全てが良い思い出です。
旦那様と私は大学で同じゼミをとったことがきっかけで知り合いました。
2年生の終わり近くに知り合って、妊娠が発覚したのは、大学4年生の秋のことでした。
旦那様と私は同い年で、2人ともそれぞれ就職の内定を取ることができ、あとは卒業を待つばかりの状態になっていた時に、自分の体調の変化に気がつきました。
それまでも時々生理が狂ってしまうことがあったので、最初はあまり気にしていなかったのですが、さすがに1ヶ月位遅れた段階でこれは普通じゃないと思い、妊娠検査薬で調べてみたところ陽性反応が出てしまったのです。
情けない話ですが、妊娠していることがわかった瞬間に、私はパニックになってしまいました。
結婚もしていない学生が子供を産めるはずがないとか、来春には就職することが決まっているのに今子供を産むわけにはいかないなどという考えで、頭の中がグルグルと渦を巻いた状態になってしまったのです。
また同時に、女の自分でさえそうなのだから、彼氏はもっと嫌がるだろうと当然のように考えました。
その夜、パニック状態になったまま彼を呼び出して一方的に妊娠を告げ、産めるはずないんだから手術代を用意してねっと言い捨てて彼を置き去りにして逃げ帰りました。
彼が何か言おうとした様子が見て取れたのですが、彼の言葉を聞くのが怖くて、何も聞かずに逃げ帰ってしまったのです。
親元で暮らしていた私は、その夜はただひたすら自室に閉じこもって泣いていました。
今考えると情けない限りなのですが、これからどうしたらよいのか全くわからず、ただただ怖くて不安でした。
でも、次の日の昼間に彼がスーツを来て私の家にやってきたのです。
ちょうど日曜日で私の親が在宅していることがわかった上で、プロポーズしにやってきてくれたのでした。
正直言ってそんな展開になることなど全く予想していませんでしたから、親も驚いていましたけれど、多分私が一番驚いていたと思います。
彼は来る途中で見つけて買ってきたというベビーシューズを私にプレゼントしてくれてプロポーズしてくれました。
彼から渡された小さなベビーシューズを手にした瞬間に、私の気持ちが不思議なくらい落ち着いたことをよく憶えています。
あれからすったもんだがありましたが、私は結局就職の内定を辞退し、卒業と同時に彼と結婚して現在に至っています。
彼の方は、今年の新入社員は妊娠中の妻持ちだとしばらくからかわれてしまったようで少々気の毒だったのですが、あの時プレゼントしてもらったベビーシューズは娘が履かなくなった今も大切に取っておいてあります。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.