プレゼント画像

サプライズプレゼント

これは以前付き合っていた彼氏との話です。
当時大学生だった私は、一人暮らしをしていました。
すべてが仕送りでまかなえませんでしたので、日々アルバイトに追われていました。
しかしせっかくの大学生活。
十分に楽しみたかったので、サークルに入りました。
そのサークルはとても中のよいサークルで、しかしきちんとサークル活動も行っていました。
私より3つ年上の彼は、すでに就職活動に追われていて、あまり会う機会はありませんでした。
しかし、打ち上げや飲み会などには頻繁に顔を出してましたので、お互い話もあい、意気投合していました。
私も気になり始めていましたが、就職活動の邪魔をしてはいけないと、ある程度距離をとって接していました。
そんな彼の就職が決まり、お祝いをしようということになりました。
あまり気にしてなかったのですが、そのとき待ち合わせ場所にいくと、なんと2人だったのです。
その後食事をして、はれて付き合うこととなりました。
彼の就職もきまり、私はアルバイトが忙しかったのですが、学生でしたしお互い空いた時間があれば、会うようにしていました。
その頃私はいつもお気に入りのブレスレットをしていました。
とても安いものだったのですが、私は本当に気に入っていて、毎日のようにつけていました。
ある日のデートのときもそのブレスレットをつけていたのですが、ある拍子に何かにぶつかってブレスレットがひっかかり、パーツがはじけ飛んでしまいました。
まわりは暗かったですし、全てのパーツを集めることはできず、これはもう修理できないと私はあきらめました。
しかし、とても気に入ったブレスレットでしたので、かなり落胆していたのです。
しかし、何ヶ月かたつと、私もすっかりそのブレスレットのことを忘れていました。
それからさらに数ヶ月たったあと、私の誕生日がきたのです。
普段いかないようなおしゃれな店を予約してくれて、お祝いをしてくれました。
そして、誕生日プレゼントを渡されるときがきたのです。
特に何がほしいとリクエストしていたわけではないので、中身はなにかと、どきどき楽しみながらプレゼントを開けました。
私はびっくりしました。
なんと、あの壊れたブレスレットが元通りになってかえってきたのです。
話を聞くと、壊れた翌日、彼はまたその場所に戻って、パーツを全て集めて修理してくれたというのです。
私はこのような事態を想定してなかったので、思わず泣いてしまいました。
その何年か後、別れることになってしまいましたが、今でもそのブレスレットは大切にとってあります。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.