プレゼント画像

外国人の友達からもらった和風のプレゼント

私には若い頃ひょんなことから知り合って、それ以来ずっと仲良くしてきた外国人の友達がいます。
その友達は私がその人の国に行った時に数日間会っただけで、あとはお互いの国からメールを頻繁に交すという形で、友情を深めてきました。
実は知り合ってからもう20年になります。
その間お互いずっと続けてきたことがあります。
それは誕生日になると、グリーティングカードとともにちょっとしたプレゼントを贈り合うということです。
日本びいきの人なので、私は極力、日本的なプレゼントをあげるようにしています。
扇子とか和風のポーチとか、和風の置物、人形など、今までいろいろ送ってきました。
彼女の方はというと、あちらでしか手に入らない菓子類とか、美しい景色の写真集とかカレンダーとか、そういうものを中心に送ってきてくれました。
やはり、自分の国のことも知ってほしいという気持ちがあったのでしょう。
私の方でも、彼女が日本好きだからという理由もありましたが、やっぱり日本をより好きになってほしい気持ちも強かったので、和風のものを送るようにしていたのです。
二年前、私の誕生日が近づいたある日、航空便で小さな包みが届きました。
その友達が、その年も誕生日プレゼントを送ってくれたのでした。
早速開けてみたところ、いつもの年の贈り物とはちょっと違った珍しいものが入っていて、とてもびっくりしました。
それは髪飾りだったのです。
それも和風の髪飾りです。
なんとも不思議な贈り物でした。
でもちょっと和風にしては違和感があるなと思って、お礼かたがた友達にメールで聞いてみたところ、そのからくりがわかりました。
日本が大好きな彼女は、日本の髪飾りに興味を持っていましたが、ある時、英語で書かれた髪飾りを購入できるサイトを見つけたのだそうです。
それでどんどん見ていくと、素敵な髪飾りがたくさん載っていたので、気に入ったものを購入したそうです。
そしてそれは日本のサイトではなく、日本の髪飾りが大好きなアメリカ人の女性がやっているサイトなのだそうです。
そのアメリカ人の方は、みずから髪飾りを作っていて、サイトを通して売っているとのことでした。
それで、どこか違和感があったのだとわかりました。
友達はそのサイトがすっかり気に入って、私の誕生日プレゼントもそこで選んだというわけでした。
なかなかシックな髪飾りで、素敵だとは思ったのですが、実際につけるとなると機会がありません。
友達の方はというと、平気で普段着の時にもつけているらしいのですが、私にはその勇気はないです。
それで飾ってあるだけなのですが、友達の気持ちはばっちり受け取りました。
外国から送られた和風の贈り物を、これからも大切にしていきたいと思っています。
そして今後も、友達の誕生日には、心を込めたプレゼントを送り続けたいと思っています。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.