プレゼント画像

自分が初めて贈ったプレゼント

自分が初めて贈ったプレゼントというものは、両親に対して初めてアルバイトをして得たお金で贈ったのが初めてで、金銭的にも裕福とは言うことができない家庭環境の中で、自分を育ててくれていたことに対して感謝というものをしており、高校生になって初めてアルバイトを行って初の給与をもらった時に両親に対して温泉旅行をプレゼントしました。
日常の生活というものから離れて夫婦だけでのんびりとした時間というものを過ごして欲しいと考えていたので、給与で得たお金を全額渡して宿の手配を下だけだったのですが、自分が考えていた以上に喜ばれてしまいものすごく恥ずかしい感覚というものを得たことを覚えています。
最初は両親も、子供が親にそんなに気を使うものではないと拒否ではありませんが抵抗感というものを持っていたようでしたが、宿の手配をしてしまっていたということもあって旅行には行ってくるが自分たちのお金で泊まってくるからと中々お金を受け取ってもらうことができず、それでは意味がないからと結婚記念日がたまたま近かったこと、自分からの感謝の念というものを伝えるためのサプライズ企画であることなど、強引な理由をつけてプレゼントとして受け取ってもらうことができました。
両親はなるべくお金を使わないでおこうと考えていたようで、余っても絶対に返金を受け取ったりしないからと、きちんと言っておいたのが功を奏したようでお土産は買ってきてくれたものの、基本的には夫婦の時間としての旅行というものを楽しんできてくれたようで、時間が経ってからもよほど嬉しかったようで事あるごとにそのことを話しております。
プレゼントというものを贈るということは、相手の気持ちに立って状況に対する配慮というものを行っておくということが大切で、我が家のケースでは両親が共働きで基本的な休日というものが異なっておりましたので、休みが重なるタイミングというものをきちんと把握した上での旅行に対する企画というものをおこなっておいたので、休日が合わないというようなことを理由に受け取ってもらうことができないようなことにはならずに済んだので、事前に休日のタイミングというものをそれとなく調べておくということが、金銭的な事柄を準備するよりも大変であったので、プレゼントを受け取る側の状況というものを充分に理解しておくということが最も難しく、それをクリアしておくことで相手が受け取りやすい環境を作り出すということを感じました。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.