プレゼント画像

子供へのサプライズプレゼント

私には二人の子供がいます。
5歳と3歳の男の子です。
本当に小さい時から、二人にはディズニーのDVDをよく見せていたせいか、すごくディズニーが大好きなのです。
もちろん、男の子なので戦隊のアクションヒーローも大好きなのですが、変わらず好きなのはディズニーです。
そのため、ディズニーランドに連れて行ってあげたいとずっと思っていました。
でも、私たち家族が住んでいるのは、広島県です。
気軽に日帰りで行ける距離ではないので、行くとなると、2泊3日くらいの旅行になります。
そうなると、小さすぎる時に連れて行っても、アトラクションにも乗れないので、子供二人がもう少し大きくなってからと時期を待っていました。
そして、5歳と3歳を迎え、そろそろいろんなアトラクションにも乗れるので楽しめると思い、ディズニーランドに連れて行ってあげることにしたのです。
でも、当日まで子供たちには内緒にしていました。
サプライズのプレゼントにしたのです。
早朝に子供たちをおこし、寝ぼけている二人を着替えさせ、車に乗せ、駅まで行きました。
そして、そこからは四時間の新幹線の旅です。
新幹線は実家に帰る時に利用するので、子供たちはてっきり、おじいちゃんとおばあちゃんに会いにいくのだと思っていたようです。
そして、無事に東京につき、東京ディズニーランドを目指します。
どうやらおばあちゃんの家ではないとようやく子供たちは気づいたようでした。
どこに連れて行かれるのかわからないまま、電車に乗り込み、ディズニーランドに連れて行きました。
ディズニーランドに入った瞬間、二人はテンションマックスでした。
目をキラキラさせ、走り回る子供たちを見て、本当に連れてきてよかったと思いました。
そして、ミッキーの家では念願のミッキーとの対面です。
ミッキーにあった瞬間、子供たちは相当嬉しかったのか、自分たちからミッキーにハグをしに行っていました。
とてもほほえましい光景でした。
その後も、パレードを見たり、たくさんのアトラクションに乗り、本当に大満足の様子でした。
そして、宿泊もディズニーのホテルにしたので、ディズニーの気分そのままにホテルでも楽しんでいました。
ホテルの部屋のインテリアもディズニーのキャラクターがいたるところにいて、本当に夢の世界にいるようにずっと笑っていました。
そして、広島に帰る新幹線の中で、疲れ切っていた子供たちですが、私と主人に一言、ディズニーランドに連れてきてくれてありがとうと言ってくれたのです。
逆に私たち夫婦が子供たちに感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ディズニーランドは本当に夢の国でした。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.