プレゼント画像

心に残る最高のプレゼント

プレゼントというと、誕生日や記念日に貰ったりあげたりというのが主流かと思いますが、私が一番心に残ってるのは何でもない時にもらったクマの着ぐるみです。
ある日突然、親友がその着ぐるみを持って現れた日のことは今でも忘れません。
最初それを見た時は、ただもうビックリだけでした。
だってクマの着ぐるみですよ。
「なんでクマの着ぐるみなんだ」と思うじゃないですか。
それも誕生日でもないのに・・・。
そこで親友に理由を訊いてみたところ「これが今、お前に一番必要な物じゃないかと思って」と。
その頃私は母を亡くしたばかりで、かなり落ち込みが激しかったのです。
まだ若く、何も親孝行らしきこともして来なくて、後悔ばかりの毎日でした。
でも悲しい顔ばかりしているわけにもいきません。
私がそんな顔をしてたら、周りも気を使うし母も喜ばない。
だから泣きたくなった時は、いつも押し入れやクローゼットに潜り込み、誰にも気づかれないように泣いていたのです。
でもそんな私の事を、どうやら親友は気づいていたようで。
「これを着ちゃえば泣いてるのも分からないし、周りも楽しめて一石二鳥でしょ」と。
悲しい時に無理に笑うことはないんだよ・・・それでも気づかれるのがイヤなら見えなくすればいいじゃない・・・そう言われているようで、ものすごく気持ちが楽になったのを覚えています。
今考えても、かなり普通とは違う奇抜なプレゼントでしたが、確かにその時の私には一番必要な物だったような気がします。
着ぐるみを着なくても、それがあるんだと思うだけで自然と笑顔になれる自分も発見しました。
着ぐるみなんて安いものじゃないだろうし、手に入れるのだってかなり大変だったろうと思います。
しかしそんな事は一切表には見せずに、ただ「必要だろうから」とプレゼントしてくれた親友。
その気持ちが本当に嬉しくて嬉しくて・・・。
今でもその着ぐるみは、大切に保管してあります。
何かツラいことや悲しいことがあっても、その着ぐるみを見ると頑張れます。
大事な大事な、世界に一つしかない私のお守りです。
その親友には、まだまだ全然恩返しが出来ていません。
いつか彼女が困った時には、今度は私が最高のプレゼントをあげられる人間になっていられたらいいなと思います。
いつもパワフルで、周りに元気を分け与えてくれている私の自慢の親友。
そんな人と親友でいられる私は、とっても幸せ者だと改めて実感させられた出来事でした。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.