プレゼント画像

サプライズで、主人へのプレゼント

もともと体調の悪かった私は、出産後に頼れる親戚もいなかったので、全てを自分でこなしてきた結果、常に体調が悪い状態で、主人にも度々仕事から帰ってきてもらったりと、主人に仕事面、家事の面で苦労させてしまっているなと日々思っていました。
こんな生活が続いていたので、主人の誕生日に何か恩返しが出来るプレゼントしたいと考えていました。
物欲があまりないので、物でのプレゼントではなく、お酒を飲めない主人は甘党でしたので、美味しいケーキをと考えました。
近所のケーキ店は、チェーン店のケーキ店しかなかったので、いろいろと頭を悩ませていたいました。
そんな折に、ママ友にたまたま誘われて連れて行ってもらった、住宅街にひっそりとあるCafeでランチをしました。
広い個室でハイハイの子連れでも、ゆっくりと食事が出来た上に、美味しいランチが出来て本当に感動しました。
ママ友が最近バースデーケーキをお願いし、子供の好きなキャラクターのクッキーを乗せてもらったとその際に教えてくれました。
主人の誕生日の前日がお休みだったので、事前に予約をとりバースデーケーキを打ち合わせしてお願いし、主人には内緒だということも店員さんには告げました。
当日は普段と変わらない感じで、Cafeに行きたがっていた主人と食事に出掛けました。
通常通りに食事をして、美味しいと主人は喜んでくれました。
食後、頃合いを見計らって、蝋燭の灯されたバースデイケーキをもってきてくれた際、主人が凄く驚いていて、店員さんに恥ずかしいほどに喜んでくれました。
まだケーキの食べられない1歳の娘向けに、アンパンマンのクッキーをお願いしておいたので、娘も大興奮で喜んでいました。
主人はサプライズでお祝いをしてもらったことが、今までないと喜んでくれたので、大したことは出来ないけれど、こんなに喜んでもらえるなんてと、私も嬉しくなりました。
後日、主人がこの話を友達にも話し『お前、家族に愛されてるな。 』と言われたと、嬉しそうに話してくれました。
主人は、こういうことをあまり周りの人に話さないタイプなので、それ程に喜んでくれていたのかと再確認しました。
その後も誕生日は、出来る範囲ではあるのですが、大きくなった娘達と相談しながら、サプライズを心掛けて毎年主人の心に残るプレゼントになるように、一生懸命に準備しています。
私も、どれだけ喜んでくれるのかを見るのが、楽しみの一環になっています。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.