プレゼント画像

誕生日にサプライズでプレゼントされました

会社で仲良くしてくれていて、私の母と同じ年の事務の方に、私の誕生日の次の日の帰りに「たまには一緒に帰ろう」と言われました。
普段は私よりも断然遅い時間に帰る方で、旦那さんもお子さんも二人いて、家事もきちんとしていているのに遅くまでお仕事をしていて、立派で尊敬している方です。
一緒に帰ろうと言われて「今日は早く帰れるのかな」と思いました。
それに一緒に帰ろうといっても会社から二駅のところで私は乗り換えです。
私は既に帰りの支度をしていたので「すぐさよならになっちゃいますけど、今日は早く帰れるんですか。
待ってましょうか」と聞きましたが「大丈夫大丈夫。
今帰る用意するから気にしないで片付け続けて」と言われました。
片付けが終わって二人で会社を出て、駅地下を歩いていると「ちょっと買い物付き合ってくれる」と言われました。
「全然いいですよ。 何買うんですか。夕飯の買い物ですか」と聞くと「夕飯ではないけど、ちょっと買いたい物があってね」と言われたので、特に詮索もせず、その方の後をついていきました。
終始ニコニコしているので何かいいことでもあったのかなと思っていたら、ロールケーキの売っているお店の前で立ち止まりました。
「娘さん、受験勉強頑張ってるし、この前のテストの点数良かったのかな」と思いました。
数分後、ロールケーキを購入し、そのまま一緒に電車に乗りました。
私が降りる駅で私は「お疲れ様でした。
帰り気をつけてくださいね」と言うと、その方が私に「Mちゃん(私)お誕生日おめでとう。
一日過ぎちゃったけど彼氏と仲良く食べてね」とさっき買ったばかりのロールケーキを私にくれました。
思わぬ方からサプライズでプレゼントをいただいたんです。
少し前まで彼と同棲していましたが、彼の家の事情で彼は実家に帰ることになり、私は彼の家の近くで一人暮らしを始めました。
彼は忙しく今までのようには毎日会えず、知らない土地で一人暮らしを始め、心細くて毎日親に電話して泣いていたので本当に驚き、心に染みた誕生日プレゼントでした。
会社の人にこんな嬉しいことをされたのは初めてで、母のように慕っていた方からのサプライズで25歳にもなって泣きながら帰りました。
25歳という節目で忘れられない誕生日プレゼントになりました。
本当に嬉しかったです。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.