プレゼント画像

今の彼氏にもらった初めてのプレゼント

現在お付き合いしている彼氏からいただいた誕生日プレゼントの話です。
同じ職場の後輩の相談に乗っているうちに告白されました。
彼とは職種が違い、彼は営業職、私は技術職でエンジニアとして働いていました。
彼は本社で働いていますが私は常駐と言う形で、お客様先で働かせていただいているので彼が入社したことすら知りませんでした。
そんなとき、彼は商品であるエンジニアの気持ちが分からず悩んでいたときに専務に「M(私)なら年も近いし、相談に乗るのも上手だから同じ社員だから相談してみたら」と言われて私に連絡してきたことがキッカケでお付き合いに発展しました。
当時彼は私よりも給料が低く、実家暮らしでさえも生活のやりくりが大変でした。
そのため、毎朝のご飯をチョコスティックパン2本だけに変え、節約していました。
私はそんなこと全く知りませんでした。
職場が違うので噂を聞くわけもなく、いつもと変わらぬ日々を過ごしていました。
そんなある日、専務が私のヒアリングに来ました。
「S頑張ってるよ。毎朝毎朝すごいよな」と言われました。
私は当然仕事のことだと思っていたので、専務と話がかみ合いませんでした。
そこで、専務に「知らないの」とびっくりした顔で言われ、毎朝のご飯のことを知りました。
彼の給料は知っていたので「誕生日一緒にいてくれたらそれでいいからね」と言っていたのでびっくりしましたが、彼は一度も私に話してくれませんでした。
専務は「毎朝、飽きないのか」と聞くと「飽きますよ。もう見たくないです。
でもあの子の喜ぶ顔が見たいから俺はがんばります」と言っていたそうです。
誕生日当日、私の好きなものしか入っていないお寿司を頼んでくれていました。
この時点で彼の苦労を知っていた私は感動していました。
しかし、彼からの小さな袋を渡されたのです。
中を開けると人工ではなく、天然のダイヤモンドで作られたネックレスでした。
彼は半年以上前から、ひどいときにはお昼も夜もチョコスティックパン2本だけで過ごし、お金を貯めていました。
そんな彼からのプレゼントをもらい、私は号泣しました。
付き合い始めて2年半が経ちますが、未だに彼はあの日々のことを私に話してくれたことはありません。
彼のそんな優しさが今も変わらず大好きです。

Copyright(c) 2010 贈りもの.com All Rights Reserved.